スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BTOB ライブアーチ(Zepp)レポ(6) 20131230


BTOB ライブアーチ(Zepp)レポ(1) 20131230
BTOB ライブアーチ(Zepp)レポ(2) 20131230
BTOB ライブアーチ(Zepp)レポ(3) 20131230
BTOB ライブアーチ(Zepp)レポ(4) 20131230
BTOB ライブアーチ(Zepp)レポ(5) 20131230

のつづきです。








■MC

みんな口々にあちゅいねーあちゅいねーと
汗を拭いたり水を飲んだり。

ソンジェは

「あたす、あちゅい、ちょと水を飲みます…」

としむけんみたいな口調になってました。

ソンジェはウン先生(だったかな)の汗を拭いてあげて、
タオルの匂い嗅いで、おげって顔して
タオルぽいって投げ捨てたり、ほんとやんちゃし放題。
こんなヤンチャな子に育っちゃって…嬉しいですw


汗を吹きながらイルンちゃん、
「日本の地方…来る人…?韓国で来る人、ありますか?」

どういう意味かな…と考えてたら、

ソンジェ
「韓国じーん?アメリカじーん?」

あ、韓国から来た人いますか?って訊きたかったのね、
と思ってたら、
"アメリカ人?"のくだりで、
いきなり客席側にしゃがんで思いっきり挙手するプニエル(笑)


確かにwww
プニのそういう瞬発力、好きです。


ソンジェ
「私たち、日本にくるために、日本語勉強しました。
上手でした?誰が一番上手でした?」


めっちゃ上手だったよ!
感動したよ!
すごかったよ!!!


ってか、このシーンで
「オレオレオレオレ!」ってしきりにジェスチャーして
めっちゃアピってくるイルンちゃんのチャラさ
が最高でしたw

客席がみんな口々にメンバーの名前を叫ぶから
トークが続かなくて、

ソンジェ
「しーーー!だまれ!」

黙れってヾ(*≧∀≦*)ノ
お客様に対してなんちゅー事をwww


その上黙らせておいて何を言い出すかと思ったら、

「誰が一番、ヘンタイですか?」

ごめん、ウンさん…
客席全員、ソンジェに洗脳されてた…
多分全員、ウン先生の名前呼んでた…(笑)




ソンジェのアドリブに気が緩んだのか、

「今日、一緒に楽しんで、幸せでした、よ」

めちゃめちゃ饒舌なイルンちゃんの日本語、
ちょっとした噛みっぷりを微笑ましく思うレベルって、
ほんとにほんとに、スゴイですよね…

ただ、今日、語尾がかわいいといえばこの人!
と思ってたら、シクたんやっぱり便乗してきて、

「幸せだよんっ」

シクたん!!!
「よんっ」がツボってるのはわかるけど、
こっちが萌え死ぬからっ!!


こうなるともうみんな楽しくなっちゃって、

ソンジェ
「私もだよんっ!私もだぜ~!オッケーっ!

ここへきての中古ギャグ、ローラ…


夜の回ではウン先生が絶好調で切り込んできまして、

「私も!ほんとに!幸せです!」

と頬骨を光らせて言い放ったかと思ったら、
ポケットからマイ紙吹雪を振りまいて、
自分で盛り上げてましたw

どこで仕込んできたんじゃアイツwww

ただ、残念ながら、
(夜の回はこのウン先生のトークの後すぐ曲だったんですが)
ウン先生が

「幸せですか?もっと盛り上がりましょう!じゅん…」

準備はいいですか?って言いかけたところで、
曲が流れ始めちゃって、
音響さんにオチ付けられるウン先生(笑)


感動の『忘れないで』だったのに、
冒頭笑いに包まれて曲に入ったていうw




そして悪ガキソンジェの勢いは止まりません。

イルン
「みなさん、今日、一番かわいひと…」

ソンジェ
「(イルンちゃんに被せて)キヨミ!キヨミ!」

客席と一体になって、キヨミ大合唱リクエスト。

イルンちゃん、明らかに、
まじかよ…もう飽きたよ…ほんとにやるの?…ヤダ…
っていう顔で、
ったくよぉやってらんねぇよぉ…という怠慢な動作で
ソンジェの手を掴んでマイクを持たせ、
何だかんだ、ちゃーーんと6までやってくれました。

そして、明らかにテンションだだ下がりwww
言っときますけど、
イルボンメロディは全く強要してないですからねっwww

た、た、楽しんだけどっ( ̄∀ ̄*)


ガッツリやらせておいて、
イルンちゃんのキヨミになんか、ほとんど興味のないソンジェ、
テンションダダ下がってるイルンちゃんなんか放置で、
本日の餌食、ウンさんを捕まえて、

「いるとはぎいるん(1+1=)、ヘンタイ!」

なんとウン先生にヘンタイプレイヤーを強要(笑)
どんだけヘンタイ扱いなのっ!?www

ウン先生、この急成長したドSマンネのむちゃ振りに、
え!?え!?と戸惑いつつ、
乳首のあたりをウジウジいじって、
自分の中のヘンタイを表現し切ろうと全力を尽くす姿に、
甲子園の決勝戦のような、熱い感動を覚えました…







つづきます。


関連記事
[ 2014/01/02 20:58 ] BTOB | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rinbow00.blog.fc2.com/tb.php/1792-ece978c4









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。